ホームレスの社会復帰を目指す取り組み「Proxy Address」がロンドンで試験的に始まる

20万人がホームレスとされているイギリス。そのイギリス・ロンドンで、ホームレスが公的機関など住所が必要とされる場での支援や基本的サービスを受けられるよう、一貫性のある安全な住所を無料で提供するという取り組み「Proxy Address」が試験的に行われています。 続きを読む

Latest Posts

【ジオ用語解説】ベース・レジストリ:国民が参照できる公的データベース。整備や相互連携によってコスト削減や経済効果に大きな期待

位置情報で使われるさまざまな用語を詳細に解説する「ジオ用語解説」、今回は公的機関が管理するデータベース「ベース・レジストリ」です。

月刊グラフィア 2021年7月号

GeoNewsの協力を受けて2021年6月のニュースから厳選した5つをお届けします。

【ジオ用語解説】LPWA:低消費電力でkm単位の広いエリアに通信できるIoTネットワーク

位置情報で使われるさまざまな用語を詳細に解説する「ジオ用語解説」、今回はIoT用のネットワークとして近年注目されている無線通信技術「LPWA」です。

ホームレスの社会復帰を目指す取り組み「Proxy Address」がロンドンで試験的に始まる

20万人がホームレスとされているイギリス。そのイギリス・ロンドンで、ホームレスが公的機関など住所が必要とされる場での支援や基本的サービスを受けられるよう、一貫性のある安全な住所を無料で提供するという取り組み「Proxy Address」が試験的に行われています。

【キーマンインタビュー】必要なものを自分たちの手で作ることで社会課題を解決。先駆者に聞くシビックテックの魅力

日本で最初に生まれたシビックテックコミュニティ「Code for Kanazawa(CfK)」について、代表理事を務めるとともに、全国のシビックテックコミュニティの支援を目的とした一般社団法人シビックテックジャパンの代表理事も務める福島健一郎氏に話をお聞きしました。