【キーマンインタビュー】コミュニティベースで地図のデータを整備。OSMを通じて目指すデジタル地図の“民主化”

「3D都市モデルの整備・活用促進に関する検討分科会」の座長を務める青山学院大学 地球社会共生学部の古橋大地教授に、これまで取り組んできたOSM・ドローンバードの活動や、Project PLATEAUにも関連したデジタルツインの新たな取り組みについて話をお聞きしました。 続きを読む

Latest Posts

月刊グラフィア 2021年1月号

GeoNewsの協力を受けて2020年12月のニュースから厳選した5つをお届けします。

【ジオ用語解説】「GNSS」:GPSやみちびきなど現在位置を地図で確認できる衛星測位技術

位置情報で使われるさまざまな用語を詳細に解説する「ジオ用語解説」、今回は現在位置を確認するために使われる技術「GNNS」です。

位置情報Webメディア「graphia」、はじめます。

地図や位置情報に特化したWebメディア「graphia(グラフィア)」を開設しました。