GTFSデータの普及によりバス業界のDXを推進、「日本バス情報協会」が本格スタート

日本バス情報協会の代表理事を務める伊藤昌毅氏に、同協会が設立されるまでの経緯と活動方針、バスデータ整備に関する今後の展望について話をお聞きしました。 続きを読む

Latest Posts

【キーマンインタビュー】必要なものを自分たちの手で作ることで社会課題を解決。先駆者に聞くシビックテックの魅力

日本で最初に生まれたシビックテックコミュニティ「Code for Kanazawa(CfK)」について、代表理事を務めるとともに、全国のシビックテックコミュニティの支援を目的とした一般社団法人シビックテックジャパンの代表理事も務める福島健一郎氏に話をお聞きしました。

月刊グラフィア 2021年6月号

GeoNewsの協力を受けて2021年5月のニュースから厳選した5つをお届けします。

【LBJ2021】画像型MMS、カード型位置測位システム、ソーラー発電設備のヒートマップなど。ロケーションビジネスジャパン2021に出展されたサービスを一挙紹介

4月14日~16日に開催された「ロケーションビジネスジャパン(LBJ) 2021」で展示されていたブースの中から5つを紹介します。

【ジオ用語解説】オープンストリートマップ:誰でも編集できる“Wikipediaの地図版”なオープン地図サービス

位置情報で使われるさまざまな用語を詳細に解説する「ジオ用語解説」、今回は個人や企業が自由に地図を編集できる世界的なプロジェクト「オープンストリートマップ」です。

【LBJ2021】3D/4DデータやID標準化など、進化する位置情報技術を活用して社会にイノベーションを。Georepublic Japan関氏の基調講演「位置情報の発展と社会の変化について」レポート

4月14日~16日に開催された「ロケーションビジネスジャパン(LBJ) 2021」で行われた基調講演「位置情報の発展と社会の変化について」の模様をレポートします。